競馬場に遊びに行ったエピソード

競馬場に遊びに行ったエピソード
競馬場に遊びに行ったエピソード

学生時代、年上の友人に誘われて、競馬場に行ったことがあります

32歳 : 女性の話
学生時代、年上の友人に誘われて、競馬場に行ったことがあります。私はそれまでギャンブルをしたことがなかったので、競馬に対しても興味はありませんでした。
はじめて行ったときにも興味はなかったのですが、お付き合いとして競馬場についていきました。
賭け事をするということに興味がなかったので、最初は乗り気ではありませんでした。

しかしそれからすぐに競馬の魅力にハマることになったのです。

私は馬の順位を予想してお金を掛け、当たるとお金が増える、というところに魅力を感じたわけではありません。馬という生き物に魅力を感じたのです。
馬の躍動感を間近で感じることができ、戦いの熱気というものに魅力を感じました。
勝つ、ということに対して一生懸命走る馬の姿を見ていると感動すらしてしまうのです。

まわりは男性ばかりでしたが、私はそんなことを気にすることなく熱中してしまいました。
競馬場には食事をするところもたくさんあります。食事も競馬場に行く楽しみの一つでした。
競馬を少し楽しんで、食事をして帰るという日もありました。
競馬は一日かけて楽しむこともできますし、二、三時間だけ楽しんで帰ることもできるのです。
自分の楽しみ方を見つける事ができると、競馬へ行く機会も増えていきました。
今では欠かすことができない私の趣味の一つになりました。

Copyright (C)2017競馬場に遊びに行ったエピソード.All rights reserved.